はぎわらの趣味のブログ

ガジェット、パソコン、オーディオ、文房具などを一日2~3くらい記事を投稿しています。

〈カセット〉A&D GX-Z7100のヘッド・ピンチローラークリーニング

おはようございます、萩原です。

昨年7月に買って以来愛用している、今は亡きA&Dのカセットデッキ、GX-Z7100ですが、やっぱり音質が素晴らしいです。

小学生の頃に、父親が高校生の頃に新聞配達のバイトをして買ったといっていたひとつまえの「GX-Z7000」を使っていて、音質の良さなどは知っていました。

それが壊れて以来カセットデッキSONYだったりPioneerだったりと変えましたが、A&Dのカセットデッキの音が忘れられず、ちょうど中古で安く売っていたので買いました。

この前お正月に親戚みんなで集まって食事があったのですが、その時に父親に部屋に来てもらったところ、自身の青春時代を思い出したようで懐かしんでいました。

自分の親世代がちょうど今「ビンテージオーディオ」とよばれるオーディオの全盛期で、父親はオーディオが好きな人です。

母親も高校時代は毎日カセットテープを聴いていたといっていました。

そんなこともありオーディオが好きです。

これはクリーニング後にテスト再生している写真です。

黒いのでシャッタースピードが落ちてブレてます。すいません。

クリーニング自体は簡単で、オーディオテクニカのクリーニング液に綿棒を浸し、それで掃除するだけです。

これはテープを取り出した直後に撮ったので電源が入っていますが、一応クリーニング時には切ってます。

もともとテープの音は今のデータだけの音と比べて、温かいと思っていますが、ヘッドをクリーニングすると、明瞭さが増している気がします。

現状の環境で音をよくしたい場合、機材の変更の前に端子を磨いたり、コンセントの極性を正したり、こういう読み取り部をきれいにすると音質が上がったりします。

現状のオーディオ環境は記事にする予定なので、後日投稿します。

 

今回は短いですが、以上で終わりにします。

Pioneer PD-5010の記事は執筆中なのでお待ちください。

読んでいただきありがとうございました。

 

〈修理〉中学生の頃に修理したSD-5500を再び修理。過程をご紹介します。

こんにちは、萩原です。

今回はこのブログの初期にご紹介した、SD-5500というDVDプレーヤーをもう一度修理します。

この前川越に持ってきて使ってみたら読み込みが不安定+トレーも出てくるのが遅くなっていたので、メンテナンスしていきます。

おそらくレンズの汚れと、ゴムベルト換装で治ると思われます。

ねじ自体は5本で止まっているだけなので、外して天板を外します。

今回はメカを完全に本体から分離させます。

理由は外から見て、ゴムベルトなどにアクセスできそうになかったためです。

ピックアップレンズはすこし汚れています。

この下をのぞくとゴムベルトが見えました。

ちょっとくせがついてます。

グリスも乾いていました。

ギアを外して洗浄→ゴムベルト交換→戻すの手順です。

戻すときにグリスを一応塗り直しました。

ゴムベルトは一式持っています。この中から同じサイズを探しました。

いったん仮組して再生確認しました。

無事にTOCを即読み込みし、再生できました。

表示も問題なしです。

CDをいろいろ変え、アルバム(12曲収録)も一気に12まで飛ばしたり、1までもどしたりしましたが問題なし。

とりあえず当初の目標は達成しました。

ここからは怪しい部品がないか探します。

ちなみにレンズの製造元はおそらくSONY?だと思われます。

アナログデバイセズのロゴを発見。

そのあたりのコンデンサは膨張はしたりしていませんでした。

よくみていたら音声出力あたりにELNAのコンデンサを発見。

DACJRCと書いてあるので日本無線かな?

電源部はルビコンでした。

ヒューズもあり、切れていませんでした。(あたりまえ)

部品も問題なかったので天板を戻しました。

 

中学生の頃に修理したときは、レンズを清掃したのみでしたが、今回はグリス塗布やゴムベルトなどメンテナンスもできてよかったです。

このSD-5500はもともと父親が購入したもので、早急に読み込まなくなって放置していたもので、ぜんぜん使っていないのでレンズの寿命も考える必要がありません。

音質もBGMだったらぜんぜん十分です。

今後も修理して使っていこうと思います。

ちなみにPD-5010のほうが徐々に調子悪くなってきたので、次修理するのはそっちになると思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

〈ウォークマン〉ONKYO E300M+ウォークマンのご紹介

こんにちは、萩原です。

今日LGのVELVETという携帯が通販で目に留まりました。

スペックはsnapdragon765+、メモリ6GBと発売当時はよかったのだろうと思います。

中古で2万ほどでした。

今使っているXiaomi 11Tの半分ほどの性能(Antutuスコアでの比較)らしいので買いませんが、デザインが良かったです。

自分は昔Xperia XZ(母のお古)を使っていたこともあり、四角いフォルムの携帯が好きです。

Xperia XZでもゲームは発熱こそおそろしいものの動いていました。

ラブプラスをやっていました。サービス終了するのが悲しかったです。

さて、今回は以前ご紹介したONKYOのイヤホンとウォークマンの組み合わせのご紹です。

またゆんゆんのキーホルダーとの比較になりますが、ウォークマンってかなり小さいです。

僕は以前携帯にDACをつなげ、ヘッドホンアンプを介してましたが、出かけるときに不便だったのでやめました。

ウォークマンBluetoothにも対応していて、骨伝導イヤホンだったり、このONKYOのイヤホンをつなげて聴いています。

ただコネクタが独自規格なため、ケーブルは専用品でないといけません。

僕はいろんなイヤホンを買ってきました。

記事にしているもの、記事にしてないもの問わずかなりありますが、さすがにもう落ち着いています。

手元にあるものを挙げてみます。

これ以外にもあったかもしれません。

この中で主に使っていたのはゼンハイザーと中華イヤーモニターでした。

ONKYOのイヤホンを買ってからは全部これにしてます。

ウォークマンはSDカードがさせるので、それに音楽データを入れて使っています。

たまにウォーキングするときは骨伝導イヤホンとつないで使ったりします。

携帯とつなげればウォークマンを持ち歩かなくていいのですが、電池が恐ろしく減るので遠出・長い時間の外出時にかなり役立ちます。

後最後に、ひとつ宣伝して終わります。

セブンイレブンで売っているかどうかわかりませんが、「焼きそばパン」があります。

おいしいので今度行ったら買ってみてください。

 

読んでいただきありがとうございました。

〈イヤホン〉ONKYOのイヤホン「E300M」のご紹介

こんにちは、萩原です。

今回は今は確か倒産してない名門、ONKYOのイヤホン「E300M」をご紹介します。

本当はAKGを買おうと思っていたのですが、「ONKYOのイヤホンってあるの?」と思って調べたら密林で見つけて買ってみました。

ネットの評価は賛否両論でした。すごくいい!という人もいれば、ほかのメーカーがいいという人で二極化していました。

調べたらこのイヤホン、相当古いようです。

ONKYOの公式サイトみたいなページに行こうとしたら、応答時間が長すぎてだめでした。

スペックなどの細かいデータが不明なんですが、箱に書いてあるデータはわかったので、それだけでも。

インピーダンス:16ohm

再生可能周波数帯域:7~25kHz

出力音圧レベル:108db/mW

 

あと8.6mmのハイパワードライバーを搭載しているようです。

密林の販売ページには、

  • 堅牢なアルミハウジングの採用により不要な振動を抑え、精緻なサウンドを実現
  • 8.6mm強磁力希土類マグネット搭載ドライバーによる明瞭な高域再生
  • 人間工学に基づきデザインされたハウジングとオーバル型ノズルで快適に装着
  • フレキシブルで耐久性の高いブッシュを採用
  • 感度 108dB/mW
  • 音楽再生から音声通話に切り替えられるコントロールマイク付

となっていました。引用元:

www.amazon.co.jp

プラグは4極でマイク付きです。

デザインはいいんですが、個人的にもっとONKYOのロゴを強調してほしかったです。

こんな感じで、

冗談です。

でかすぎて不便ですね。

本当はどういう風にしてほしいかというと、メッキみたいにして目立たせてほしかったのです。そうするとこういうストーリーがうまれます。

 

自分:ONKYOのイヤホン使っている俺かっけぇ~↑!!

女の子A:あの人ONKYOのイヤホン使ってるよ・・

女の子B:かっこいい・・!私話しかけちゃおうかな?

女の子A:わたしが最初に話すの!

ライバル:子猫ちゃんたち?ONKYOのイヤホンに惑わされてはいけないよ?

     僕のイヤホンはゼンハイザーさ?

女の子A:ゼンハイザー?私はONKYOがいいもん?

女の子B:何この男?

 

というわけです。(嘘です)

ONKYOのイヤホンを使ったらモテる世界線に生まれたかったです。

で、肝心の音質ですが、良くも悪くもなく、誰にでもあうような音です。

低音強め、高音強めなどの好みがなければ大丈夫です。

すごくいい!とも言えないし、今使っているイヤーモニターをちょっと低音を減らしたみたいな感じでした。

1-5でそれぞれの感想を示します。

 

高音 3

低音 2

解像度 4

総評 3

というわけです。

よく言えばくせのない音、悪く言えば特徴がない。そんな感じでした。

安いし、マイク付きなので、そう言った用途にはおすすめです。

エージングをしてみて、変化があったらこの記事に追記します。

 

今回は以上で終わりにします。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

〈MMカートリッジ〉名門オルトフォンの「オメガ」を買ってみた。

こんにちは、萩原です。

ひとつ前の記事で予告した通り、RPGツクールを買わせていただいたので、明日より製作を開始します。あの後思いついたこともあるので、その要素も盛り込んでいきます。

今回はレコードプレーヤーの「カートリッジ」を買いました。

以前オーディオテクニカのAT12Dという古いカートリッジや、今は打っていないですが、regaのcarbonMMも買いました。

今回オルトフォンを買ったのは、ずばり値段です。

こちらの写真をご覧ください。

ヘッドシェルがついています。

このヘッドシェルの型番は不明なのですが、アマゾンにて調べてみたところ、3つほど似たようなものがあり、2000~4000円でした。中古なので新品価格はわかりませんが、これでもうもとはとってしまってます。

もともとこのオメガというカートリッジは4000円ほどの安価なもので、ヘッドシェルを合わせても低く見積もっても6000円です。

でも買値は5500円でした。

たまたまショーケースの中にこれを見つけて、ついつい買ってしまいました。

針先をクリーナーで洗浄し、さっそくいろいろなレコードを聴いてみました。

プレーヤーはpioneerのpl-1200aという古い製品です。

で、音が本当に好きな音で、今までのオーディオテクニカのカートリッジより、解像度があがりました。

rega carbonMMは解像度が低く、あまり高い音がでると表現できていませんでした(もしかしたら針圧の問題かもしれない)これは大丈夫でした。

ネットのレビューを見ると、賛否両論で、自分はどっち側につくのかと思いましたが、当時安くてこんなにいい音がでるので、十分です。

でも、オルトフォンはもっと高級品があるので、さらに高級品がほしくなる現象が起こるかもしれません。

奥に見える緑のケースがオーディオテクニカのカートリッジ、したがcarbonMMです。

保管には気を付けています。

 

個人的にかなり気に入ったので、当分はこのカートリッジで聴こうと思います。

最後尾にほかのカートリッジの記事などを貼り付けておきます。よかったら見てね♬

以上で終わりにします。

読んでいただきありがとうございました。

 

追記

TOSHIBA SD-5500を持ってきたので、後でメンテナンス記事を投稿します。

〈レコード〉カートリッジの違いで音の違い・・ありました。 - はぎわらの趣味のブログ (hatenadiary.com)

 

hagiwara.hatenadiary.com

一番上だけ検索にひっかからなくてブログのページから持ってきました。

〈年末ということで〉今年買ったもので印象に残っているもの#1

こんにちは、進化前のはぎわらです。

ゲーム開発は現在開発環境を選んでいるところです。あと勉強もしっかりしてます。

さて、今回は12月に入ったらやろうと思っていた「今年買ったもので印象に残っているもの」のご紹介です。

12月は31日まであるので、不定期でこの企画を開催していこうと思います。(日にち関係あった?)

まず、元旦までさかのぼって自分で書いた記事を見ていて、まずはこの記事が目に留まりました。

 

hagiwara.hatenadiary.com

パソコンかったよ、という記事ですが、corei5 9400Fと16GBメモリ、GTX1050搭載でOSなしというわけでもないのに破格でしたね。

その次にこちら。

 

hagiwara.hatenadiary.com

これ頑張って直してましたね・・今はしまいこんでますが、ピックアップレンズを買えば動くと思います。

というか、パソコン買って6日後に改造してました。

 

hagiwara.hatenadiary.com

私の手持ちのパソコンたちに、改造していないパソコン実はないです。

あとこれは狂気の沙汰です。

 

hagiwara.hatenadiary.com

何がどうした?と今は思ってます。疲れてたんでしょうね・・

そしてこの記事をきっかけに川越でもオーディオをまたはじめました。

 

hagiwara.hatenadiary.com

今は構成が全然違うのでそれも記事にしようかなと思います。

今でも現役です。

ここでフルサイズに手を出しましたね。

 

hagiwara.hatenadiary.com

コンパクトフラッシュ買い忘れました(のちに買いました)

最近は寒すぎるので持ち出してないです。

 

・・ここまで書いていて思ったことを言います。

買いすぎ。

 

・・ということで来年の目標

2023年を超える!

 

ということにします。

2023年を超える量の買い物を頑張ろう!と思います。

 

明日はゲーム開発の話の予定です。

読んでいただきありがとうございました。

〈ヘッドホンアンプ〉しめしめ、これでヘッドホンアンプとDACを一体にできる→異音発生→原因追究に3日を費やす。

こんにちは、萩原です。

しばらく記事が書けませんでした。

タイトルにもある通り、ヘッドホンアンプを買いました。

それがこちらです。

古い製品ですが、僕が中学生の頃に欲しかったものです。

当時6000円以上していましたが今は900円で買えるんですね・・

これは「sound blaster X-fi surround 5.1 pro」というもので、少々古い製品となります。

ドライバーを探しましたが、ありませんでした。

これのどこに魅力があるか、それはそう「ヘッドホンアンプとDACの両方の機能を有す」です。

なので買ったのですが・・安物買いのなんちゃらになりました。

まず普通にRCA出力につないで使ってみました。

「ぷつぷつ」と異音が入ります。

なんでかな?と思いイヤホンを接続したところ、より悪化しました。

仕方ない・・戻そうと思いもどしたところ異音が鳴りやまず。

今までなかったので、ここからわけがわからなくなってきます。

つまりはこれをつなげたことで何か破壊した?と思い、手持ちのいろいろな機器たちを使って調べました。

ノイズフィルターとDACとケーブルを変えて、音の発信源を追求しました。

ちなみにアンプとスピーカーはほかのソースでは異音がないので除外します。

その結果何を試しても音が鳴りやまず・・

こうなったらUSBのせいだろと思い抜き直したら治りました。

簡単なことでした。3日も費やしてあれこれ試して、こんな簡単なことでした。

灯台下暗しですね。

ちなみに手持ちのオーディオインターフェース、us1X2hrですが、買ったときからマイク入力がおかしかったり、オーディオインターフェースを使おうとするとOSがクラッシュするという面白オーディオインターフェースなのですが、今回かなり役に立ちました。

toppingのD10Sもありますが、ケーブルを紛失したので、type-cでつなげられるこれはかなり役に立ちました。

 

結論

接触不良を疑い、接点復活を試みようかな・・

です。

 

あと音質はすごくいいです。

ノイズさえなければメインで使っていたと思います。

あとデザインも好きです。

 

というわけで今回は以上で終わりにします。

読んでいただきありがとうございました。